毛穴クレンジングが今話題です@実際どんなものなんでしょうか?

MENU

毛穴とは?

人間には多く体毛が生えており、目には見えない程度の産毛から髪の毛のように太くて長いタイプの体毛もありますが、それぞれの体毛は表皮上から生えているものではなく毛穴という穴を通って肌の外に出ています。

毛穴クレンジングを使用することで毛穴の汚れを落とすことができると言われていますが、毛穴は毛が通る穴ということもあって毛の直径以上の大きさがあるのでクレンジングを使って洗うことは可能です。

ちなみに毛穴の数は1cm×1cmの範囲内の中に20個を超える数の毛穴があると言われていますが、これを顔の大きさから考えていくと実に20万を超える毛穴があり、それぞれから体毛が出てきては抜けるというサイクルになっています。

毛穴クレンジングをしてすっきりさせたい場合はどのようにして効果を得ることができているのかということもイメージすると分かりやすいと思いますが、肌のタイプに寄っても得ることができる効果は異なってくるという点に気をつける必要があります。

また、毛穴は単に毛を生成するだけの場所ではなく体内に蓄積されている老廃物などを体外に排出する働きも担っているので、汚れが蓄積されて炎症を引き起こしてしまうようなこともあります。

代表的な肌トラブルの例として言えばニキビなどが有名ですが、肌に起こるトラブルと毛穴には密接な関係があるのでケアを考える場合は毛穴の状態についても把握することが必要になります。

スキンケア商品を購入する場合も含まれている成分などに注目して買う必要があります。

毛穴が開いてしまう要因

毛穴クレンジングを使用することによって毛穴にある汚れをスッキリさせることができますが、毛穴が広いと成分が浸透しやすいので皮脂や蓄積している老廃物などもきれいに洗い流すことができそうな気がします。

しかし、これは言い換えれば毛穴が開いているとそれだけ皮脂や老廃物なども蓄積しやすいということでもあり、毛穴が開いてしまうことによって人が見た場合に目立ちやすいなどのトラブルもあるので、できれば毛穴は開いてない方が良いです。

毛穴クレンジングを使用する場合に毛穴の開きが気になる場合はこれをケアする効果が含まれているタイプもありますが、その前にどのような理由によって毛穴が開いてしまうのかという要因を知ることが大切になります。

毛穴の開閉コントロールが効かなくなるというのが理由の一つとしてありますが、通常なら正常に毛穴が開閉しているのに老化現象などによってスムーズに開閉しなくなることによってトラブルが起こる可能性があります。

毛穴の開閉コントロールが乱れてくるとなかなか元の状態に戻すことは難しくなってしまうのですが、正しく肌のケアをすることによって元の状態に戻ることもあります。

毛穴は体毛が生えてくるだけでなく、他にも老廃物や皮脂などを体外へ分泌するために必要な働きがあります。

美容の面から考えて気になるのはもちろんですが、それ以外にも体の機能面から毛穴が開きすぎることはデメリットがあるということを覚えておきましょう。

ムダ毛との関係

ムダ毛というのは体に生えている不要な体毛のことを言いますが、ムダ毛が濃い人ほど毛穴のあたりも濃くなりやすいという特徴があります。

濃くなってくると汚れなども目立ちやすくなるのですが、特に新陳代謝が活発な場所になってくると次々と新しい皮脂が生成されているので肌トラブルが目立ってくるようになります。

毛穴クレンジングを使用することによって毛穴に詰まっている汚れは取り除くことができるのですが、毛穴が開きすぎている場合などはクレンジングを使用することが逆効果になってしまうようなこともあります。

毛穴クレンジングに含まれている成分によっては使用することによって肌荒れするなどの症状が出てくることもあるので注意する必要があります。

大人になってくると顔の頬など通常なら生えてこないようなところに太くて長いムダ毛が生えてくることがありますが、それだけ太い体毛を生やすことができるくらい毛穴が開いてしまっているということでもあります。


ムダ毛対策をする場合は毛穴を引き締めることによっても効果を得ることができるというわけですが、毛穴クレンジングの中には毛穴の引き締め効果が抜群なタイプもあります。

毛穴のケアはしっかりしないと痕になってしまうようなこともあるので注意が必要ですが間違ったムダ毛ケアをしてしまうことによって毛穴が広がってしまうようなケースもあるので特に自分で処理をしている人は毛穴に与える影響なども考慮する必要があります。

http://www.shintoayuko.jp/